音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フランツ・レハール 【Franz Lehár】 (1870-1948)

 

 

フランツ・レハール(Franz Lehár, 1870年4月30日 - 1948年10月24日)はオーストリア=ハンガリー帝国に生まれ、オーストリアとドイツを中心にオペレッタの作曲により活躍した作曲家。

 

1905年「メリー・ウィドウ」で一躍人気作曲家となり、1909年発表の代表作「ルクセンブルク伯爵」はこれと系統を同じくする喜劇ですが、その後徐々に作風を転換します。

 

従来のオペレッタの喜劇一辺倒を脱し、ある程度の笑いを織り交ぜつつも、基本はシリアスに展開する独自の形を確立していきます。

 

特に1925年に初演された「パガニーニ」、1927年の「ロシアの皇太子」、そして1929年の「微笑みの国」はこれまでのオペレッタには無かった悲劇であり、レハール独特のウィンナ・オペレッタ路線を象徴する傑作です。

この路線はウィーンでは必ずしも歓迎されず、上演拠点はベルリンに移されました。1934年若き総監督クレメンス・クラウスから依頼された、初のウィーン国立歌劇場上演作品「ジュディッタ」以後は筆を折り、これをもってウィンナ・オペレッタの終焉と位置づける専門家も多いです。

 

メロディメーカーとしては天分に恵まれ、甘く夢見るような旋律美は今もなおドイツ語圏のみならず、世界中の歌劇場で愛されています。

 

代表作には上記の他に、オペレッタ「ルクセンブルク伯爵」、ワルツ「金と銀」などがあり、ちなみにオペレッタの作品中演奏される歌の数々も、今日でもヨーロッパのスタンダード・ナンバーとして残っており、映画音楽として用いられる事もあります。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索