音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ドラムスティック種類・選び方とドラムスティックの長さとグリップ~初心者向け入門編【ドラム基礎・基本】

 

スティックはドラマーとドラム・セットを結ぶ重要なアイテムになります。様々な種類がありますので、どれを選んでいいかわからない場合には、「5A」というサイズのスティックを選んでみると良いでしょう。

 

サイズ・チップの形状・素材によっても様々ですので、スティックの色々な特徴やポイントをしっかりと押さえて、手に持ってみて重すぎず軽すぎず、何となく自分の手に馴染みしっくりくるものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

スティック各部の名称

 

 

スケール

  • スティック全体の長さを指し、400mmを基準としてそれより長めのタイプや短めのタイプがあります。
  • スティックを短かめに持つ場合であれば長いスケール、長めに持つ場合であれば短いスケールを選ぶと持ちやすいでしょう。

 

グリップ

  • 握る部分の太さのことで主流は直径13mm~16mmのもので、人の手の大きさの違いによって持ちやすさが異なります。
  • 手のサイズや指の長さが人それぞれ違うことで、持つ感触には個人差がありますが、重さとの関係で、グリップが細い場合は重めのものを、太い場合には軽めのものを選ぶとよいでしょう。

 

ショルダー

  • スティックの肩にあたる部分で、クラッシュなどはショルダーでヒットさせます。
  • ショルダーの形状が細いものは音が繊細に、太いものはパワーが出しやすくなります。

 

チップ

  • 太鼓の面にヒットさせる先端部分で、チップには「丸型」「三角型」「俵型」の3タイプがあります。
  • どの角度で叩いても音が揃う丸型の他に、繊細な音が得られる三角型、パワーの出しやすい俵型があります。

 

 

 

スティックの種類

 

ヒッコリー

  • 最も一般的なのが軽くて丈夫なヒッコリーで、ドラムスティックの大半をヒッコリーが占めています。
  • 適度な硬さと重量で、コントロールのしやすい素材です。

オーク

  • ドラムスティックの中で最も硬くて重い素材で、耐久性に優れています。
  • パワーが出しやすい素材なので、繊細な音楽よりもハードな音楽に適したスティックになります。

メイプル

  • 軽量で手にしっとりと馴染む質感が特徴的な素材で、ヒッコリーより軽くてスピードの出しやすいスティックになります。
  • ライドシンバルを叩いた際のサウンドは独特の響きがあり、ジャズやアコースティック系の演奏者に支持があります。

 

ドラムスティックの検索

 

 

 

チップの種類と形状

 

チップの種類

 

チップにはウッドチップとナイロンチップの2種類があります。

 

ウッドチップ

スティックと同じ素材の木で型作りされているもので、一般的にはウッドチップが使用されます。

ナイロンチップ

チップ部分のみナイロンでできているもので、アタックがタイトでシンバルの音が鮮明になります。

 

チップの形状

 

 

丸型:叩く角度に関係なく安定した音色。

 

三角型:寝かせて叩くと力強い音色、立て気味で叩くとクリアーな音色。

 

俵型:太くパワフルな音色。

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索