音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

DTM/DAW関連用語【ラ】

DTM/DAW関連用語

ライン

表記

〔line〕

解説

信号の伝送路のこと。「ライン・レベル」という音響機器間を結ぶラインに流れる信号の基準レベルが規格化されています。通常のPAやレコーディング・スタジオにおけるライン・レベルは0dBm(約0.775Vrms.)or+4dBm(約1.23Vrms.)、民生機では-10dBV(約0.316Vrms.)となっています。

DTM/DAW関連用語

ライン・アウト

表記

〔line out〕

解説

ライン・レベルの出力、及び出力端子のこと。

DTM/DAW関連用語

ライン・イン

表記

〔line in〕

解説

ライン・レベルの信号を受信する入力端子のこと。ミキサーの場合はライン・レベルに留まらず、マイクなどの微弱な信号にも対応できるようにゲイン、またはトリムでの入力感度の調整が可能になっています。

DTM/DAW関連用語

ライン録り

表記

〔line recording〕

解説

電気・電子楽器の音をマイクで拾うのではなく、楽器の出力端子からの電気信号をダイレクトに収音すること。エレクトリック・ギターでは、一般的にギター・アンプに接続して音を出しますが、音を拾う手段としてギター アンプの前にマイクを立てて集音する方法と、アンプ・シミュレーターなどのエフェクターやダイレクト・ボックスを介して収音するライン録りがあります。ホーム(自宅)・レコーディングにおいては、このライン録りの方法で録音することが殆どです。

DTM/DAW関連用語

ラム

表記

〔random access memory/RAM〕

解説

→RAM

DTM/DAW関連用語

ランダム・アクセス

表記

〔random access〕

解説

ディスク・メディアにおけるデータ・アクセス方法。事前に用意されているインデックスを参照して、任意の位置にダイレクトにアクセスしてデータを読み書きすること。テープ・メディアなどではデータの先頭から目的のデータ検索を行う、シーケンシャル・アクセスという方法でデータにアクセスします。

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索