音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

よくあるご質問~管楽器の用語と道具(アクセサリー)

金管楽器で高い音を出すコツがありますか?
  • 気合いや根性といったものでは当然ながら高い音が出ることはありません。先ずは高い音が出るメカニズムを知ることが大切で、正しいフォームを認識して習得すれば、フルートで高い音を奏でるのと同様に、無理な力をかけずに高い音を演奏することができるようになります。
  • 具体的な奏法では、高い音を発音している際は口の内部の気圧が高くなっているので、その状態を作るのがコツになり、舌の先端を狭く細くするなどの工夫も効果的です。また、高い音ではあまり振動していない下唇が風圧で崩壊しないようにすることも重要です。
大きな音を出すコツがありますか?
  • 大きな音を出そうとすると、どうしても力んでしまうことがあるかも知れませんが、大きな音が出る仕組みを考えると、あくまでも振動体である唇やリードを豊かに振動させるほかないのです。
  • そのため大きい音を出すときほど、逆に力を抜いてリラックスさせておく必要があるのです。金管楽器であれば唇の振動部分の柔らかさを保つことが秘訣で、木管楽器であればリードが振動する面積を確保するのが秘訣になります。
  • また、大きい音ほど楽器のツボに向かって低めに吹くことも重要なポイントになります。
トロンボーンの第七ポジションに手が届かない場合はどうしたらいいですか?
  • 届かない場合は、スライドの持ち手の支柱にヒモを付けて対処します。また、ただ単に届くだけと届いて使いこなすとでは大きな違いがありますので、届く場合でもヒモを付けることを推奨します。上級者の方でもヒモを付けているケースは少なくありません。
クラリネットの演奏で甲高い音が出てしまうのはなぜ?
  • この現象は通称「リードミス」と呼ばれるもので、リードの噛み具合や息のコントロールを誤ると起こってしまいます。
  • その他の木管楽器でも同様の現象は起きますが、閉管クラリネットの場合は誤って上の倍音が出てしまったとき、自然倍音が出る開管のクラリネットとは異なり奇数の倍音が出てしまうので、ミスをしたように聴こえてしまいます。
  • この現象を防ぐためには、ただ単に指をさらうだけではなく、その音に合った息のスピードや口の形をしっかりと習得する必要があります。
ホルンのベルが後ろ向きになっているのはなぜですか?
  • ホルンという楽器が元々狩りの合図の道具として用いられていた時代に、馬を驚かせないようにベルを後ろに向けたことが始まりで、横で併走する仲間に聞こえやすくするために横に向けたのがキッカケだと言われています。
  • その後、後ろに向いたベルに右手を差し入れることで音程を調節するようになり、ヴァルブが装備された後も右手を差し入れる奏法があるため、ホルンと言う楽器はベルが後ろを向いていなければならないのです。
テナーバストロンボーンとバストロンボーンの違いは何ですか?
  • 管の太さとマウスピースの大きさの違いがあります。長さ的にはほぼ同じですが、元々はバストロンボーンの方が長かった経緯があります。
  • 長くて操作がしづらい点があったため、テナーと同じ長さでバスらしい音が出せるように考案されたのが、現在のバストロンボーンで、管を太くして大きなマウスピースを使用することで改善されています。
チューバを構えた時にマウスピースの位置が合わないのですが?
  • 椅子やチューバスタンドを利用して、楽器の高さを調節する必要があります。リラックスした自然な姿勢の状態の時に、吹き込み管の角度がトランペットを演奏しているような角度になれば理想的でしょう。
  • あまりにもかけ離れて合わない場合は、楽器の持ち方を工夫したり、楽器屋さんでマウスパイプの位置を変えてもらう必要があるかも知れません。
B♭管とはどういう意味ですか?
  • B♭管とはB♭(シ♭)音がC(ド)音にあたり、基準音がB♭(シ♭)のスケール(音階)でできた管(楽器)という意味です。
  • トロンボーン、ユーフォニアム、チューバなどの楽譜は実音で記譜されますが、楽器はB♭管なので混乱しないように気を付けましょう。
金管バンドでアルトホルンのことをテナーホーンと呼ぶのはなぜ?
  • これはソプラノと呼ぶ管をどの管にするかの違いによるものです。ドイツの金管楽器やサクソフォンのようにB♭管の楽器をソプラノと呼ぶと、その下のE♭管の楽器はアルトになります。
  • サクソフォンの考案者のアドルフ・サックスが、金管楽器のファミリーを作る際に短いE♭管をソプラノと呼んだので、そのオクターヴ下のE♭管がテナーになったという経緯があります。さらに下のB♭管の楽器をバリトンやバスと呼んでいます。

管楽器入門書の検索

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索