音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

トマソ・アントニオ・ヴィターリ 【Tomaso Antonio Vitali】 (1663-1745)

 

 

トマソ・アントニオ・ヴィターリ(Tomaso Antonio Vitali、1663年3月7日 ボローニャ- 1745年5月9日 モデナ)は、イタリアのヴァイオリン奏者にして作曲家。父のジョバンニ・バティスタ・ヴィターリ(Giovanni Battista Vitali)も有名な音楽家です。

 

ジョルジョ・パッキオーニ(en:Giorgio Pacchioni)から作曲法を学び、彼の作品はすべて器楽作品であり、ソロ作品やトリオソナタといった作品は、彼の父やアルカンジェロ・コレッリの影響を受けています。

 

彼は若いころからボローニャのサン・ペトロニオ教会のオーケストラのメンバーでした。

 

主要作品に「2つのヴァイオリン、チェロ、通奏低音オルガンのソナタ 作品番号1」(モデナ、1693年)や、「ヴァイオリンとチェロとチェンバロのソナタ 作品番号4」(モデナ, 1701年)があります。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索