音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

《ペール・ギュント》第1組曲 Op.23-4 「山の魔王の宮殿にて」

 

 

 

山の魔王の宮殿で妖怪たちが踊り狂うときの音楽

 

「山の魔王の宮殿にて」は、第二幕の山奥の魔王の宮殿で、ペールに恋した魔王の娘をペールが冷たくあしらったために、怒った魔王は部下の妖怪たちにペールを殺せと命じ、その場面で妖怪たちが踊り狂うときの音楽です。

 

不気味なホルンの響きで始まり、ファゴットの伴奏にのったチェロのピチカートの行進曲から、次第に音楽は高潮してグロテスクな唸りをあげます。

 

ペールの行った数々の悪戯を描くにしては、音楽が過度にエキセントリックにならず、ロマンティックな趣を漂わせて安定した節度を保てているのは、一重にグリーグという作曲家の体質を反映しているものです。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索