音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

バンジャマン・ルイ・ポール・ゴダール~フランス作曲家ゴダールの作品 名作と代表曲 【Benjamin (Louis Paul) Godard】 (1849-1895)

 

 

バンジャマン・ゴダール(Benjamin (Louis Paul) Godard, 1849年8月18日 パリ – 1895年1月10日 カンヌ)は19世紀フランスの作曲家。

 

オペラ作曲家としての成功を望み、おびただしい数の作品を遺しましたが、今日では殆どが忘れられており、かろうじてサロン小品の作曲家として記憶されているに過ぎません。

 

パリ音楽院でルベに和声法、ヴュータンにヴァイオリンを師事。ヴュータンに同行して2度ドイツを訪れており、室内楽にも没頭しました。

 

ゴダールは実に易々と作曲し、あらゆるジャンルに渡って大量に作曲を行いました。1876年に《ヴァイオリン協奏曲「ロマンティック」》(Concerto romantique)がコンセール・ポピュレールにおいて初演され、その他の大作もこの演奏会で上演されました。

 

1878年にパリ音楽院院長テオドール・デュボワと、パリ市主催の作曲コンクールにおいて優勝を分かち合い、入賞作品は合唱交響曲《タッソーLe Tasso》であり、ことによると最も重要なゴダール作品かも知れません。

 

その頃から驚くほど沢山の作品を作り、4つの歌劇のうち《サラメアのペドロ Pedro de Zalamea》は、1884年にアントウェルペンで初演され、人気の「子守唄」の出典である《ジョスラン Jocelyn》は1888年にパリで初演されました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索