音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ヨーゼフ・シュトラウス~ウィーン作曲家・指揮者ヨーゼフ・シュトラウスの作品 名曲と代表曲 【Josef Strauß】 (1827-1870)

 

 

ヨーゼフ・シュトラウス(Josef Strauß,1827年8月20日 - 1870年7月22日)は、オーストリアのウィーンで活躍した作曲家にして指揮者であり、ヨハン・シュトラウス1世の次男でヨハン・シュトラウス2世の弟にあたります。

 

最初は工業技術者の道を歩んでいましたが、兄の代役として作曲家としてデビューしたのを機に音楽家の道へ行きます。

 

一般的には兄の栄光に隠れがちな存在ですが、音楽的能力は優るとも劣らず(ヨハンは兄弟の中でヨーゼフが一番才能があると語っている)、43年の短い生涯の間に220曲以上の作品を残します。

 

ヨーゼフの作品には兄ヨハンのような華やかさはないですが、よりデリケートで詩情に溢れたものであり、その作風からヨーゼフは『舞曲のシューベルト』と呼ばれています。

 

『ディナミーデン』がリヒャルト・シュトラウス『ばらの騎士』のオックス・ワルツとして用いられたり、『天体の音楽』と『わが人生は愛と喜び』がそれぞれドイツ映画『会議は踊る』のテーマ音楽と第二主題歌として用いられたり、後世への影響も大きいです。

 

ポルカではやや作風を異にし、機知とユーモアに富んだ楽しいものが多いです。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索