音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ピチカート・ポルカ

 

 

ピチカート編成のみの珍しいポルカ

 

『ピチカート・ポルカ』は、ヨハンとヨーゼフのシュトラウス兄弟の合作で、全編にわたり弦のピチカートのみで演奏される珍しい楽曲です。

 

ポルカとは1830年頃にボヘミヤ地方から広まった2拍子の舞曲のことで、ピチカートとは弦を弓で弾かずに指ではじく奏法です。

 

テンポが独特で大きな揺れを持っているのがポイントで、ヨハンはこの曲以外にも「ニュー・ピチカート・ポルカ」などの有名なポルカをいくつか残しています。

 

シュトラウス2世は、元々社会の変化にも非常に機敏な反応を持ち合わせており、電話・電報などの発明と普及、さらにはオーストリア初の普通選挙の実施や株式市場の動向、報道の自由をテーマにした曲までも書いています。

 

広く社会の流行を読んでワルツやポルカに仕立て上げる、したたかな面も持ち合わせた作曲家でした。

 

 

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索