音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フランツ・フォン・スッペ~オーストリアの作曲家スッペの作品 ピアノと代表曲 【Franz von Suppé】 (1819-1895)

 

 

フランツ・フォン・スッペ(Franz von Suppé, 1819年4月18日ダルマチア地方スプリト - 1895年5月21日ウィーン)はオーストリアの作曲家。ズッペの表記も多い。

 

オペレッタとその序曲で有名で、指揮者や歌手としても活動しました。スッペは30曲のオペレッタのほか、バレエ音楽など多数の舞台音楽を作曲しました。

 

スッペの数々のオペラが殆ど忘却に追いやられている中で、「軽騎兵」や「詩人と農夫」の序曲が映画やアニメーション、コマーシャルなどの音楽に転用され、ポップスのコンサートで演奏されています。

 

日本では大正時代に浅草オペラの台頭によってスッペのオペレッタが紹介され、特に「ボッカチオ」のアリエッタ「恋はやさし野辺の花よ」が田谷力三の愛唱歌として普及しました。

 

郷里のダルマチアとの縁を守り続け、時々スプリトなどを訪れました。作品のいくつかはダルマチアにゆかりがあり、特にオペレッタ「水夫の帰国」はフヴァル島(Hvar)で起こった事件に基づいています。

 

指揮活動を引退してからのスッペは、オペラの作曲を続け作曲の焦点を宗教音楽に切り替えました。レクイエムや3つのミサ曲、交響曲、演奏会用序曲、歌曲を作曲しました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索