音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フランシスコ・タレガ~スペイン作曲家・音楽家タレガ ギター名曲 【Francisco Tárrega】 (1852-1909)

 

 

フランシスコ・タレガ(慣用的にタルレガ、またはアクセント記号を重視してターレガとも。Francisco Tárrega, 1852年11月21日 - 1909年12月15日)は、ビリャレアル出身のスペインの作曲家・ギター奏者。

 

幼い頃に用水路に落ちて危うく失明しかけ、恐らくはこのために家族に連れられカステリョーン・デ・ラ・プラーナに移り音楽学校に進みました。

 

最初の音楽教師エウゲニ・ルイスとマヌエル・ゴンサレスはいずれも盲人で、1862年にギター奏者のフリアン・アルカスに神童と認められ、その奨めによりスペイン楽壇の中心地バルセロナを訪れます。

しかしながら間もなく父親によって連れ戻され、1874年にマドリッド音楽院に進学します。豪商アントニオ・カネサの援助のもとに、作曲をエミリオ・アリエータに師事。

 

1870年代末までにギター教師として立ち(門人にミゲル・リョベートとエミリオ・プジョルがいる)、定期的な演奏会も行いました。

 

ギターのヴィルトゥオーソとして鳴らし、「ギターのサラサーテ」の異名をとりました。バルセロナに定住して1909年に逝去。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索