音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

テクラ・バダジェフスカ 【Tekla Bądarzewska-Baranowska】 (1834-1861)

 

 

テクラ・バダジェフスカ=バラノフスカ(Tekla Bądarzewska-Baranowska、1834年/1838年 - 1861年9月29日)はポーランド出身の女性作曲家・ピアニスト。生年を1834年とする説と1838年とする説があります。

 

日本では一般にテクラ・バダジェフカとして知られていますが、ポーランド語に近い表記はボンダジェフスカであり、またバダルジェフスカと表記されることもあります。

 

バダジェフスカは本格的な音楽教育は受けていませんが、18歳(17歳とも)の時に作曲した『乙女の祈り(仏語:La priere d’une vierge)』がパリの音楽ニュース雑誌に掲載され、その名が知られるキッカケとなりました。

この曲を作曲した後に結婚し5人の子供をもうけたとされ、そして小品を35曲ほど作曲した後の1861年に病弱のため23歳(27歳?)ほどで夭折。

 

彼女に関する作品や資料については第二次世界大戦等により大半が消失したため、現在では『乙女の祈り』以外は殆ど知られていません。

 

特にポーランドでは認知度が低く、これは「祈り」という言葉が共産圏の影響下にあったポーランドで不適切とみなされた為との見方のほか、音楽に高い芸術性を求められた時代に音楽教育を受けていないこの『少女』に対して、「浅薄な素人くささを超えられなかった」と19世紀の音楽事典が酷評したことからも、当時の「偏見」の存在を理由とする見方もあります。

 

彼女の『乙女の祈り』は明治時代にピアノ教本と共に楽譜が持ち込まれ、日本に伝えられて以来ピアノ経験者によく知られるのみならず、オルゴール曲の定番として日本で広く愛されています。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索