音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ヨハン・ブルグミュラー 【Johann Friedrich Franz Burgmüller】 (1806-1874)

 

 

ヨハン・フリートリッヒ・フランツ・ブルクミュラー(Johann Friedrich Franz Burgmüller, 1806年12月4日 - 1874年2月13日)はドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。

 

日本では入門期のピアノ教則本「25の練習曲 Op.100」で知られています。

 

ブルクミュラーはドイツのレーゲンスブルクで生まれ、父はオルガン奏者・指揮者のヨハン・アウグスト・フランツ・ブルクミュラー(1766年-1824年)で、後にデュッセルドルフ市音楽監督となりました。

 

1832年以降は1874年に没するまでパリを中心に活動し、ピアノの小品(「25の練習曲 Op.100」や「18の練習曲 Op.109」など)や少数のオペラ、バレエ音楽などを作曲しています。

アドルフ・アダン作曲のバレエ「ジゼル」に数曲の小品(「ペザント・パ・ド・ドゥ」など)を追加しており、管弦楽作品としてはこれが最も聴く機会の多いもので、他にバレエ曲「ラ・ペリ」(ポール・デュカスの作品とは別物)などがあります。

 

ブルクミュラーが作曲した「25の練習曲 Op.100」は、日本のヤマハがピアノ教則本として採用しており、通常ヤマハの生徒は8歳から10歳でこの教則本で練習を行います。

 

弟のノルベルト・ブルグミュラー(1810年-1836年)も作曲家・ピアニストで、将来を有望視されていましたが夭折しました。デュッセルドルフで行われた葬儀では、ノルベルトの親友フェリックス・メンデルスゾーンの葬送行進曲に合わせて葬られました。

 

  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索