音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

アイ・ガット・リズム

 

 

ジャズのスタンダード・ナンバーとして知られるガーシュウィンの代表的なヒット曲

 

「アイ・ガット・リズム」は、1930年に発表されたジョージ・ガーシュウィン作曲、兄のアイラ・ガーシュウィン作詞による楽曲。

 

今日でもジャズのスタンダード・ナンバーで、「リズムチェンジ」として知られる独特のコード進行は、多くの著名なジャズ曲の基礎となりました。

 

この曲は元々テンポの遅い楽曲で、1928年の『Treasure Girl』のために作曲されましたが、その後『Girl Crazy』で使用するにあたり、よりテンポを上げて書き直された楽曲で、多くのジャズ歌手によって歌われています。

 

1920年代におけるスウィングの象徴とも言える楽曲で、1935年にガーシュインによる最後のコンサートで『I Got Rhythm』と題して歌われました。

 

後年ガーシュウィンは「アイ・ガット・リズム」をピアノ独奏用に編曲し、自らの「ソングブック」という作品集に収録しています。

 

独奏版はスウィング感を抑え、ジャズ的な即興性を排したスタイルで、オーソドックスなピアノ曲の作りになっています。

 

また、「アイ・ガット・リズム」変奏曲というシェーンフェルド編曲による管弦楽を交えた作品もあり、この作品ではピアノとオーケストラが華やかに協奏曲のように共演しています。

 

 

 
  





♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 仕事選び すべての検索