音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フランティシェク・ドルドラ (フランツ・ドルドラ) 【František Alois Drdla】 (1868-1944)

 

 

フランティシェク・アロイス・ドルドラ(František Alois Drdla, 1868年11月28日 - 1944年9月3日)は、ライト・クラシックの作曲で著名なチェコのヴァイオリニスト。ドイツ語式にフランツ・ドルドラ(Franz Drdla)とも呼ばれます。

 

モラビアのズジャール・ナド・サーザヴォウ(Žďár nad Sázavou)に生まれ、ヴァイオリンと作曲を最初にプラハ音楽院で学んだ後、ウィーン音楽院でヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世にヴァイオリン、アントン・ブルックナーに音楽理論、フランツ・クレンに作曲を師事。

 

しかしながらドルドラの作風にこれらの教師の影響は見出されない。有名な演奏会ヴァイオリニストとして欧米各地を巡演し、1944年にオーストリアのバート・ガシュタインにて他界。

 

3つのオペレッタや1つのヴァイオリン協奏曲、数点の管弦楽曲や2つのピアノ三重奏曲などの大作を遺しているものの、作曲家のドルドラに国際的な名声をもたらしたのは、後期ロマン派様式による軽めの性格的小品です。

 

中でも有名なのは、ヴァイオリンとピアノのための《思い出》と《幻影 Vision 》のほか、ピアノ五重奏のためのハンガリー舞曲《ヘイ ハイ! Hej, Haj! 》作品30-4です。

ドルドラの性格的小品は、人気のあるボヘミア風の旋律とハンガリー風の旋律を混ぜ合わせ、「ハンガリー風に」表現したものです。

 

思い出(おもいで:原題:Souvenir for Violin & Piano)は、フランティシェク・ドルドラのヴァイオリンとピアノのための小作品(1904年作、ニ長調、4分の3拍子)。

 

優美で繊細なヴァイオリンの旋律で日本国内でも有名で、ピアノの緩い5度和音の序奏の後、ヴァイオリンがアルペジョを基にした主題を奏でます。

 

中間部はヴァイオリンの重音が印象的で、フラジオレットを上手に使った甘い展開部、再現部の後のコーダでは左手ピチカートでD音を鳴らします。

 

ヴァイオリンの技巧におぼれない演出が品位ある効果を出しています。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索