音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

ヨハン・シュトラウス2世 【Johann Strauß II】 (1825-1899)

 

 

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauß II),全名はヨハン・バプティスト・シュトラウス(Johann Baptist Strauß, 1825年10月25日 - 1899年6月3日)はオーストリアのウィーンで活躍した作曲家・指揮者・ヴァイオリニスト。

 

遠祖はユダヤ系ハンガリー人やロマの血が入っているという説もありますが、欧州人は遡れば色々な民族に突き当たるのが当然であって、差別目的や称揚目的、同時代や後年にこうした噂がことさら追求された形跡はありません。

 

ヨハン・シュトラウス1世の長男で、弟には次男のヨーゼフ・シュトラウスと三男のエドゥアルト・シュトラウスがいます。

生涯の多くをウィンナワルツの作曲に捧げ「ワルツ王」と評され、またワルツの他オペレッタ、ポルカなども作曲しました。

 

毎年、元日に行われる「ウィーン・フィルのニューイヤーコンサート」は、彼やシュトラウス・ファミリーの作品を中心にプログラムが組まれます。

 

音楽の都「ウィーン」の代表的な作曲家であり、その肖像はかつてオーストリアの100シリング紙幣に描かれていました。

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索