音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

 

旋法と長・短音階

旋法とは音階を形成する一定の音組織のことで、音階とは音を高さの順に階段的に配列したものです。音階には音の配列の決まりがあり、様々な音階(旋法)がありますが、大きく分けて「長音階」・「短音階」に分けられます。教会旋法から長・短音階西洋音楽ではルネサンス時代まで、【ドリア・フリギア・リディア・ミクソリデ...

≫続きを読む

 

長音階(メジャー・スケール)

音を高さの順に階段的に配列したものを「音階」といいます。音階の各音は「構成音」と呼ばれ、下から順に第1音から第8音まで並んでいます。第3音と第4音の間、第7音と第8音の間が半音で、その他は全音からなる音階を「長音階(メジャー・スケール)」といいます。長音階の配列長音階の「長」には英語の”major”...

≫続きを読む

 

短音階(マイナー・スケール)

短音階(マイナー・スケール)には、3種類の異なった様相を帯びた音階があり、「自然短音階」、「和声短音階」、「旋律短音階」があります。自然短音階の配列短音階の「短」は英語の”minor”が示すように、暗い・悲しいといった意味を持っています。ここでは、3種類の中で原型に当たる自然短音階の配列についてみて...

≫続きを読む

 

3種類の短音階

自然短音階・・・第2音と第3音、第5音と第6音の間が半音でその他は全音からなる音階和声短音階・・・自然短音階の第7音を臨時記号によって半音上げた音階旋律短音階・・・自然短音階で上行するときのみ第6音と第7音を半音上げる音階自然短音階から<和声・旋律>短音階17世紀頃までの西洋音楽では、音階の終わり(...

≫続きを読む

 

音階の構成音と役割

音階を構成する一つ一つの音には役割があり、特に重要な役割を担う四つの音があります。音階には構成する音が第何音に位置するかによって、それぞれの音に名称があり役割があります。重要なのはその始まりの音である主音(第1音)で、その音階を形成する最重要的な音であり、曲の始まりと終わりには、楽曲を構成する上での...

≫続きを読む

 

調と調号

調はその音階から成る和音を総合し、主音の持つ雰囲気を示すものです。調号は楽譜の初めの音部記号の隣に、その調で使われる変化記号をまとめて記すものです。調と調号長・短音階は始まりの主音の音によって個別の名前が付けられ、主音名を先に付けてハ長調やイ短調といったように呼ばれています。このときの「調」とは、そ...

≫続きを読む

 

調の相互関係

二つの調の音階に共通の音が多く含まれ、密接な関係にある調同士を近親調といいます。共通の音が少なく関係の薄い調同士を遠隔調といいます。近親調は4種類調には似た音の組織で構成されているものと、そうでないものがあります。例えばハ長調とト長調は、#1つ違いの音なのでとても似た調関係となります。また、へ長調(...

≫続きを読む

 

24の調性

5度圏の輪には長調・短調あわせて24の調があり、調によってその曲の雰囲気や音のイメージが決まります。様々な調の性格人それぞれの感性も異なりますが、調にも24通りの個性があり、クラシックに限らず様々な楽曲を聴いて感じた雰囲気の違いは、速度や曲想による違いもありますが、調の個性による違いが最も関連してい...

≫続きを読む

 

転調

ある調の曲が途中で他の調に変わることを転調といい、転調によって様々な効果が生まれます。転調曲の途中で調が変わることを「転調」といい、曲の時間的経過における調の変化です。これは作曲家の心理的なものによって起こる行為で、別の調へ音の組織を変化させることで曲想のイメージを変えたり、曲調に変化を与えることが...

≫続きを読む

 

移調

ある調の曲を別の調に移しかえることを移調といいます。もとの音程関係は変わらず、音の高さだけが上や下に移ります。移調とは曲の高さを変える「移しかえ」を意味します。ヴァイオリンの曲をヴィオラで弾く時や、声楽曲を歌手の声域に合わせるときなどによく行われます。また、鍵盤楽器のピアノでは黒鍵が多くて弾きづらい...

≫続きを読む

 
  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索