音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

アントニン・ドヴォルザーク 【Antonín Leopold Dvořák】 (1841-1904)

 

 

アントニン・レオポルト・ドヴォルザーク(チェコ語:Antonín Leopold Dvořák, 1841年9月8日 - 1904年5月1日)はチェコの作曲家。

 

チェコ国民楽派を代表する作曲家であり、後期ロマン派を代表する作曲家に留まらず、クラシック音楽史上屈指の人気作曲家でもあります。

 

なお、チェコ語の発音に近いアントニーン・レオポルト・ドヴォジャークの表記が用いられることもあります。

ブラームスに才能を見いだされ、『スラヴ舞曲集』で一躍人気作曲家となり、ベドルジハ・スメタナと共にボヘミア楽派と呼ばれました。

 

その後アメリカに渡り音楽院院長として音楽教育に貢献する傍ら、ネイティブ・アメリカンの音楽や黒人霊歌を吸収し、自身の作品に反映させています。

 

代表作に交響曲第8番、交響曲第9番『新世界より』、この分野の代表作でもあるチェロ協奏曲、『アメリカ』の愛称で知られる弦楽四重奏曲第12番などがあります。

 

交響曲

 

協奏曲

 

舞曲

 

組曲

 

 

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索