音楽情報・専門分野・高校・専門・大学・クラシック・ポピュラー音楽など

フランツ・シューベルト 【Franz Peter Schubert】 (1797-1828)

 

フランツ・ペーター・シューベルト(Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)はオーストリアの作曲家。

 

各分野に名曲を残しましたが、特にドイツ歌曲において功績が大きく「歌曲の王」と呼ばれることもあります。

 

シューベルトは一般的にロマン派の枠に分類されますが、その音楽や人生はウィーン古典派の強い影響下にあり、記譜法や基本的な作曲法は古典派に属しています。

貴族社会の作曲家から市民社会の作曲家へという点ではロマン派的であり、音楽史的には古典派とロマン派の橋渡し的位置にありますが、年代的にはシューベルトの一生はベートーヴェンの後半生とほぼ重なっており、音楽的にも後期のベートーヴェンよりも時に古典的です。

 

シューベルトは後の作曲家の多くに影響を与え、『大ハ長交響曲』を発見したシューマンは言うに及ばず、特に歌曲や交響曲においてメンデルスゾーン、ブラームス、ブルックナー、ヴォルフ、リヒャルト・シュトラウス、ドヴォルザークなど、シューベルトの音楽を愛し影響を受けた作曲家は多いです。

 

交響曲

 

即興曲

 

ソナタ

 

幻想曲

 

 

 

  







♪カテゴリー




ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME コード検索 商品検索 ぷりんと楽譜 音楽鑑賞 進路選び すべての検索